チューリップ畑

よくある質問(セカンドバージンについて)

・処女卒業後しばらく経ち不安です。サポートをお願いできますか?

処女卒業した後、しばらくSEXをしていないと再びできるか不安になる女性は大変多いです。そのようなセカンドバージンの方にもカウンセリングとサポートを実施しております。ただしセカンドバージンの方は処女卒業後の期間や経験の度合いによってカウンセリングやサポート内容が異なります。まずは希望フォームより相談内容を送信して下さい。 

・卒業時の激痛でSEXが怖くてできません。サポートしてもらえますか?

セカンドバージンになる原因の一つが処女卒業時の激痛によるものです。あまりの痛みにその後のSEXが怖くなってしまうという後天的な心理現象です。一度このようなトラウマになるとSEXしたいけれど体が受け付けないという状態が続きます。つまり心と体が分離した状態になるのです。ある意味で経験のない処女よりも深刻な状況ともいえます。

こうした方は、たとえ男性と付き合うことができてもSEXが怖くてなかなか進展できないということも珍しくありません。実際、相談者様の中にはそれが原因で『大好きな彼と別れてしまった』と話される女性もいました。

本来SEXは男性に限らず、女性にとっても気持ちの良いものです。しかしそれ以上に『痛み』というトラウマがそれを阻害し行動抑制してしまっているのです。したがってまずはトラウマを消し去り本来の状況に戻すことが必要です。

 

私はこのような方には認知行動療法をお勧めしています。すなわち痛くないという経験を少しずつ頭に記憶させ、その積み重ねによってトラウマを消し去るという心理手法です。したがってそのプロセスは心と体が一致するまで少しずつ、そして長期的に進めなければなりません。非常に時間のかかる作業です。

男性がこうした知識を持ち、時間をかけて一緒にトラウマの克服をしてくれれば良いですが多くはこうはいきません。新しいパートナーならば以前の恋人のことや処女卒業のことなど女性は話しにくいでしょうし、また男性も聞きたくないというのが本音ではないでしょうか。

 

当方ではそのようなお悩みについてもご相談者様のトラウマがなくなるよう長期的なカウンセリングとサポートをおこなっています。

認知行動療法は一般的な心理療法の一つです。あきらめず少しずつ改善していけば必ずトラウマは克服できます。落ち着いた環境で来談者様がリラックスできるように努めますのでお気軽にご相談下さい。

 

Q&A(カウンセラーについて)